花盛りヨーグルトで黴菌活心がける。腸熱情!

僕は胃腸が弱いです。因習なのか冷えたりカジュアル食べない感じを口にすると間もなく下します。きたない課題でごめん。

そこで、腸にはやはりヨーグルトだろう!とこれまた安易なアイデアにたどり着き、黴菌の力に寄りすがる要素にしました。

そして、どうやら絶頂ヨーグルト上るものがすばらしいらしきと聞きつけ、早速試みる要素に。少し前に流行ったみたいです。

ヨーグルトを器物に盛り範囲で20秒あたり温めます。ここら辺は大雑把だ。やっぱ少し優しい近く、人肌より少し高いぐらいを目指します。暖める事で黴菌が活発になり腸まで生きて行き着くとかはじめて。メチャか、と驚きつつ範囲でチン。

簡単にできました。食してみます。
一口。……味が変わった訳ではないのですが僕にとって人懐っこいヨーグルトは未知の雑貨だったので拭いきれない違和感…。元来ふーふーして食べます。温めた考え…。少しチャンスをかけ完食しました。

後続は力なり。
続けないと意味がないと思うので、絶頂ヨーグルト黴菌活2太陽目だ。初日よりは抵抗なく食べられました。慣れると喜ばしいと感じる残余も出てきます。

そして最近5太陽目だ。心なしか快便のような気がします。気がするだけかもしれません。でも嬉しいのでもうちょっと続けてみます。キュッとcutto 楽天